稼ぐカラクリ「パグマニア」

人気記事ランキング

ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金 学生の場合は?

仮想通貨の税金 学生の場合は?

仮想通貨で利益が出た場合については学生だとしても、税金を支払う必要や確定申告をする必要があるので注意が必要です。仮想通貨を取り引きして購入したり売却したりなどで利益が発生した場合に必ず確定申告が必要になるわけではなく、売却した時点での利益が20万円を超えた場合に確定申告が必要となります。税金の支払いや確定申告が必要になるのは仮想通貨を売却して利益が発生した場合だけで、仮想通貨を購入して保有しているだけの状態であれば、税金の支払いや確定申告の必要はなく課税対象外です。


その他にもアルバイトなどをしている場合には、アルバイトなどの所得と仮想通貨のトレードによって得られた所得の、合計所得金額が38万円以上の場合には扶養控除が適用できなくなってしまいます。扶養控除が適用できなくなって扶養控除の対象外となってしまったとしても、学生の場合には合計所得金額が130万円以内であれば勤労学生控除を受けることができます。勤労学生控除を受けていれば仮想通貨で利益が出ていた場合でも一切税金を支払う義務がありません。しかしその分親権者の納税額が多くなってしまうので注意が必要です。扶養控除の対象外となった場合の親権者の納税額については、親の所得などによって異なりますが最大で45パーセントの税率となる場合もあります。


仮想通貨を購入していて保有していた場合でも売却していなければ所得や利益として考えられないので、購入して保有しておくだけであれば納税や確定申告の必要もありません。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加