稼ぐカラクリ「パグマニア」

人気記事ランキング

ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 税金対策のメリットとは?

仮想通貨 税金対策のメリットとは?

ビットコインなどの仮想通貨で利益が出たときは、納税の必要が出てきます。利益額によって金額が変わって最高だと45%もの課税があります。これは個人取引の場合で、これを法人化すると利益を出すまでの経費が認められますので、その分節税が可能です。


仮想通貨で得た利益は、20万円以下なら課税対象になりませんが、それ以上は雑所得として課税されますので法人化し、書籍・セミナー参加費・交通費・宿泊費・文房具などの購入など、かかった費用を経費として計上できる可能性があります。この場合個人事業者で確定申告をしますが、方法は、青色申告と白色申告とあり白色申告は提出書類が複雑でない代わりに、青色申告のメリットである65万円の特別控除を受けることができません。白色は10万円までですからこの差は大きく、仮想通貨を事業化して青色申告をしたとき、65万円以下の利益の場合は課税がないことになります。これは節税を考えたとき大きなメリットです。


毎年少しずつ20万円以下で利益確定する方法もあります。課税対象にならないよう20万円以下で計画に申告する方法ですが、大きな利益を得られないことや、保有を続けていく間に仮想通貨の価値が下がっていくリスクを抱えます。他には税金を電子マネーで支払い、そのポイントを還元金とし節税する方法などもあります。


他にも仮想通貨による利益が出た場合の、さまざまな節税方法が紹介されていますが、今後は税制度が変更され整備されていく可能性があります。節税のつもりでいろいろな対策をとったとしても、税制度が変われば結果的に脱税となってしまう可能性もありますので、十分な注意が必要と言えます。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加