稼ぐカラクリ「パグマニア」

人気記事ランキング

ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金計算のデメリットとは?

仮想通貨の税金計算のデメリットとは?

資産評価の方法には、主に移動平均法と総平均法の二種類が存在しています。
仮想通貨に関しては、国税庁の発表によって原則的に移動平均法が適用されます。
これらの計算方法はそれぞれにメリットとデメリットがあり、時にはデメリットが上回ることもあります。


移動平均法において考えられるデメリットとしては、計算の複雑化や利益が大きく出てしまう点などが挙げられます。特に取引量や頻度が多くなりがちな仮想通貨に関して、移動平均法は計算をより複雑化させる恐れが大です。計算を後回しにしていたり、記録を付けていないと後々大変なので、常日頃から事細かく記録する習慣を持つことが大切です。


手書きで記録したり計算を行うのは非現実的ですから、表計算ソフトなどに入力して、自動計算を行うようにするのがベストといえます。それほど仮想通貨において税金計算のデメリットは大きいので、速く正確に結果が導き出せる工夫を行うことをおすすめします。

もう一つの問題点は相場の急激な上昇時などで、特に年末近くに影響を受けやすい大きな変動です。大量の仮想通貨購入時も同じく、総平均法に比べて利益の数字が大きく出る傾向があります。しかし仮想通貨に総平均法を適用することはできませんから、潔く受け入れる他ないでしょう。


重要なのは記録に基づき正しい数字を出して、現実から離れた利益や税金を確定するのではなく、正確性重視で納付を行うことです。
問題点は日頃の注意で解決できるので、気をつけるべき要点を押さえながら計算することがポイントとなります。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加